スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグレスキュー

東北に被災したペットの救出の記事を見つけ、
何かできないかと転載させていただきました。
目玉さんのブログです。http://medamakune.blog117.fc2.com/

            ・・・・記事転載・・・・・

現実は、すさまじい状況です。

手短にご報告します。写真は明日。

さきほど現地から帰宅。本日は、現地でひとりで、犬・猫・馬・牛の世話をしている女性O氏とともに、
UKCジャパンhttp://ameblo.jp/dog-rescue/entry-10831708134.html のお力を借り、
一部の犬・猫の保護をすることができました。

この団体はすごいです。後日報告しますが、
長い間鎖につながれたまま、飢え、凍える日々を過ごしてきたために、
人(犬)格崩壊となってしまった、あまりにもあわれでならない「噛み付き犬」をも
迅速、かつ、愛情を持って保護してくれました。

彼ら、関西の方々のパワーと、スピードに、ただただ、感服しました。

しかし、まだまだいます。
きりがないほどです。それぞれの犬に、名前があり、3週間前まで、愛情を受け生きてきた犬・猫
なのですよね。30Kmの範囲を動きましたが、犬がいると思われる集落は、点在しており、
とても、個人のレベルで回れるものではありませんでした。

牛・馬の現実はさらに厳しいものがあります。



被災地のペット達は、
この震災まで可愛がられた存在だったはずです。
どうか、この子達の救出が多くの人に知られますように。
そして1匹でも多くたくさんの愛情が注がれる存在に戻れますように・・・
祈ってやみません。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。